2024年ものづくり補助金申請サポート

イノベーションや生産性向上のための
設備投資費、システム導入費等に
ご活用いただけます。

補助金無料相談はこちら
18次:全ての枠で申請可能
【弊社受付締切予定】
2024年3月6日(水)
【応募締切】
2024年3月27日(水)17時

当社は、経済産業省認定の
「経営⾰新等⽀援機関」です。
ものづくり補助⾦1次〜12次
全127社お⼿伝いし、109社採択されました!

採択率85.2%

ものづくり
補助金
アクセルパートナーズ
(採択数/全支援企業数)
採択率
1次~12次 109件/128件 85.2%
全体
(採択数/全応募企業数)
採択率
30,042件/60,628件 約49.6%

ものづくり補助金について
こんなお悩みありませんか?

  • 補助金の申請書を書く時間がない
  • 申請書の書き方が分からない
  • 申請手続きに不安がある
  • 相談できる専門家が近くにいない

ものづくり補助金は年々審査基準が厳しくなっております。
ご自身での申請準備は大変な負担になりますので、効率よく補助金の獲得を目指されるなら、
実績豊富なアクセルパートナーズにお任せください!

最⼤5,000万円受給できます!!

2024年ものづくり補助金の概要

ものづくり補助⾦とは、「ものづくり・商業・サービス⽣産性向上促進補助⾦」のことであり、中小企業が相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するための補助⾦制度です。

ものづくり補助金省力化(オーダーメイド)枠とは

ものづくり補助金には、一般型・グローバル展開型とビジネスモデル構築型の2種類がありますが、省力化枠は一般型・グローバル展開型の中に設けられた新たな枠です。
設立された背景として、中小企業や小規模事業者がオーダーメイドの設備投資を行い、生産プロセスを効率化し、人手不足に対応することがあげられます。
最大で1億円(※従業員数や特例によって変動)の補助金を獲得することができます。

省力化(オーダーメイド)枠について詳しく見る

ものづくり補助金製品・サービス高付加価値化枠とは

※18次締切分でのご案内となります。

ものづくり補助金製品・サービス高付加価値化枠とは、中小企業や小規模事業者が、製品やサービスの高付加価値化を目指すための設備投資やシステム構築などに必要な経費の一部を補助する制度です。
設立した背景として、中小企業や小規模事業者が、市場での競争力を高めるための革新的な製品やサービスの開発や提供に挑戦するための強力な支援策となります。
最大で3500万円(※従業員数や特例によって変動)の補助金を獲得することができます。

製品・サービス高付加価値化枠
について詳しく見る

ものづくり補助金グローバル市場開拓枠

※18次締切分でのご案内となります。

ものづくり補助金製品サービスグローバル市場開拓枠とは、海外事業の拡大を目的とした設備投資などを支援する枠組みです。

グローバル市場開拓枠
について詳しく見る

実際に採択された企業様の声をご紹介

アクセルが選ばれる4つの理由

01高い採択率

ものづくり
補助金
支援件数 採択件数 採択率
1次~12次 128件 109件 85.2%

全体で約50%しか採択されていないものづくり補助金で、
当社の支援を受けた事業者様の採択率は85.2%です。

02中小企業診断士ネットワークによる
スピードと品質担保

多数の診断士メンバーが所属

弊社には、約70名の診断士メンバーが在籍しており、補助金申請締め切りの1か月前まで受付できる体制が整っております。
SNSの活用や診断士向けの企画を行い、診断士メンバーを集めることができています。

診断士メンバーの育成による品質の担保

診断士向けに実務従事(1年目のコンサル指導)を行い、ゼロから育成をすることでメンバーのエンゲージメントを高めています。
勉強用の事業計画書を作成し、現役の補助金申請担当者による赤入れを行うことで採択される事業計画書のコツを習得します。
さらにマニュアルの整備や監修をつけてデビューをしていることで、ゼロからの育成と品質の平準化をしています。

ノウハウのシェア

社内チャットを活用し、頻繁に情報交換することで、最新の情報を常にインプットしています。
事例の共有や公募要領の読み合わせなども行い、お客様に適切な情報をお伝えし、質の高い事業計画書を作成支援します。

評価システム

一つの案件に複数名関わっているため、それぞれ関わったメンバーの評価アンケートを行っています。
評価に基づいたアサインを行うことで、お客様に満足いただける品質を担保しています。

適切な担当者のアサイン

評価アンケート等に基づき診断士メンバーを適切に評価をしています。類似案件の対応経験や申請者と担当者の居住地の近さを考慮して、最適なアサインをしています。

03複数名体制

1案件につき、必ず2名以上で対応しています。
複数名でチェックを行うことで、審査員の審査項目を外さないわかりやすい計画書の作成支援を行います。
また、お客様にとって大きな案件になりますので、万が一の事態に備え、他の担当者が引継ぎ最後まで申請を行える環境を整えています。

04補助対象経費の提案

補助事業実施において必要となってくる経費について提案いたします。

他社の申請案件を見ると、補助対象経費に入るものを実費にて行っている申請者の方を見かけます。
例)補助金内で建物の内外装工事は行ったが、広告宣伝費を入れていなかった

補助金申請時に、将来掛かってくるであろう費用を事前に提案することで、最大限に補助金を活用いただけるようにいたします。

補助金無料相談はこちら

ものづくり補助金の採択実績

当社でサポートさせていただいた
ものづくり補助金の実績は以下の通りです。

採択実績一覧(業種)の一例

業種 事業内容 採択金額
金属製品製造業 特殊治工具部品のための立形マシニングセンタの導入 1,000万円
食料品製造業 大福成形部品一式・基幹業務システム(受発注を軸としたシステム)の導入 1,000万円
飲食サービス業 新商品開発のための新設備 1,000万円
林業 林業資材運搬ドローン導入 1,000万円
小売業 新商品開発のための新設備 1,000万円
加工品製造業 食品加工装置 1,000万円
サービス業 教育プラットフォーム構築 1,000万円
プラスチック
製品製造業
電動サーボ型大型射出成形機、高精度CNC三次元測定機の導入 1,000万円
飲食サービス業 加工設備導入 1,000万円
情報通信業 新製品開発 1,000万円
サービス業 人工知能を活用したマッチングサービス 1,000万円
食料品製造業
(こんにゃく)
プラント、包装機、高温殺菌機の導入 1,000万円
卸売業 新サービスの開発 1,000万円
生産用機械
器具製造業
NC旋盤(長尺旋盤)、特殊な切削工具(超硬ボーリングバー)の導入 1,000万円
広告業 人工知能を活用したレコメンドシステム 980万円
金属製品製造業 電動サーボ式コンピュータ制御スプリングフォーミングマシン、自動熱処理コンベア炉の導入 931万円
製造業 新製品の試作開発 800万円
医療業 歯科用CT及び口腔内カメラの導入 791万円
生産用機械
器具製造業
ワイヤカット放電加工機の導入 653万円
プラスチック
製品製造業
蛍光X線分析装置の導入 500万円
窯業・土石
製品製造業
真空土練機の導入 493万円
その他サービス業
(建築業)
計測器の導入、検査情報発信用アプリケーションの開発 390万円
外国人労働者の教育
学習支援業
CNC旋盤機の導入 386万円
情報サービス業 社内基幹システムの新開発を行い、規模拡大に耐えうる社内システムを構築 1,000万円
実績⼀覧はこちら

サービス内容・料金

サービス

  • 初回無料相談
  • 担当者によるヒアリング
  • 申請書類作成支援
  • 申請手続きサポート
  • 交付申請のサポート
  • お電話やメール相談

料金

  • 事前ヒアリング

    無料

  • 着手金

    100,000円(税抜)

  • 成功報酬

    採択金額の10%
    (下限50万円)

オプションサービス
(弊社サービスをご利用いただいた方)

  • 実績報告サポート

    150,000円

  • 経過報告サポート

    30,000円/1回

  • 顧問サービス

    70,000円/月
    (月5時間程度の支援)

加点のための下記支援も行います

  • 事業継続力強化計画サポート

    50,000円(定価100,000円)

サポートサービスの流れ

  1. STEP01

    お問い合わせ

    ものづくり補助金の申請に関して何でもお気軽にご相談ください。
    お問い合わせやご相談は、電話・メール・問い合わせフォーム、いずれも対応可能です。

  2. STEP02

    無料ご面談・ヒアリング

    当社では、主にZOOMなどを使用し、事業内容や対象設備、実施体制など新しい事業に関してヒアリングいたします。また、貴社の強みや事業環境、事業主様の想いをお伺い共有させていただきます。※対面をご希望の方はお気軽にご相談ください。※ヒアリング前にご準備していただく資料は予めご連絡いたします。

  3. STEP03

    ご契約・着手金のご入金

    当社のサービス内容にご納得いただけましたらご契約をさせていただきます。その後着手金のご入金をお願いいたします。

  4. STEP04

    事業計画書(申請書)
    の策定支援

    当社提携コンサルタントが、これまで培ってきたノウハウを活かし、審査時の評価ポイントや加点ポイントを押さえた申請書を策定支援します。
    また、必要に応じて事業主様との追加ヒアリングを複数回実施させていただきます。更に中間チェック、最終チェック等を経て、ご納得いただけるまで徹底して対応いたします。

  5. STEP05

    採択発表
    成功報酬ご入金

    採択結果がインターネット上で発表され、貴社にも通知が届きます。無事採択されれば、事業開始(設備の発注等)です。この段階で、成功報酬として料金をご請求いたします。万が一、不採択になった際も、次回の募集があった場合は無料で申請書を再度作成します。

  6. STEP06

    採択後の交付申請
    サポート

    購入物の最終確定をするために、事業者様に取得していただいた書類をもとに、交付申請のサポートを行います。事務局による交付申請の承認まで支援をさせていただきますので、パソコン操作が得意ではない方もご安心してご利用いただけます。

  7. STEP07

    アフターフォロー
    顧問契約

    任意でのご契約にはなりますが、補助金採択後の顧問契約締結を推奨しております。顧問契約のあとは各社の課題に合った支援や新たな補助金・助成金の情報提供、報告書類作成時のご質問に対するお問合せ回答など幅広くサポートいたします。

ものづくり補助金コラム

  • 【ものづくり補助金】補助金の目的外使用にあたるケースとは?
    【ものづくり補助金】補助金の目的外使用にあたるケースとは?
  • 【ものづくり補助金】メリット・デメリットを徹底解説!
    【ものづくり補助金】メリット・デメリットを徹底解説!
  • 【ものづくり補助金】クリニックは補助対象?採択例を紹介!
    【ものづくり補助金】クリニックは補助対象?採択例を紹介!
  • 【ものづくり補助金】建設業の採択事例をご紹介します!
    【ものづくり補助金】建設業の採択事例をご紹介します!
  • 【ものづくり補助金】 コンサルの選び方を徹底解説!
    【ものづくり補助金】 コンサルの選び方を徹底解説!
  • 【ものづくり補助金】事業計画書を書く際のポイントとは?
    【ものづくり補助金】事業計画書を書く際のポイントとは?
コラムをもっと⾒る

よくある質問

広告宣伝費にも使えますか?
ものづくり補助⾦では原則使えません。
※グローバル市場開拓枠のうち海外市場開拓(JAPANブランド)類型のみ補助対象にできます。
申請するにはどのような書類が必要ですか?
事業計画書(A4サイズで計10ページ以内)、GbizIDの取得、決算書、従業員名簿などの書類が必要です。
応募枠によって必要書類が異なるため、ご依頼いただいた後に個別の状況に応じた書類のご案内をさせて頂きます。
当社提携コンサルタントが、これまで培ってきたノウハウを活かし、審査時の評価ポイントや加点ポイントを押さえた申請書作成⽀援をします。
申請は全て電⼦申請となりますので、GbizIDの取得は必須となります。
どのような費⽤が対象になりますか?
機械装置やシステム構築費等が補助⾦の対象となります。
新製品・新サービスの⾰新的な開発や、⽣産性の向上になるものへの投資が対象です。単なる設備の⼊れ替えですと、対象とすることができません。
過去の設備と⽐べて機能が増えている等、⽣産性向上や今まで対応できなかったものができるようになるといったストーリーが作れれば申請が可能となります。
よくある質問をもっと⾒る

ものづくり補助金の対象になるか等、無料相談フォームよりお気軽にお問い合わせください。

補助金無料相談はこちら