ホーム > 補助金コラム一覧

【ものづくり補助金】IT導入補助金と併用できる?解説します。

  •  
    公開日:

今日のビジネス環境は、常に変化し続けています。企業が競争力を維持し、成長を遂げるためには、新しいアイデアで製品やサービスを開発することが不可欠です。こうした挑戦に対し、政府はものづくりやデジタルトランスフォーメーション(DX)をサポートするために、「ものづくり補助金」や「IT導入補助金」といった支援策を提供しています。この記事では、これらの補助金について詳しく説明し、また、両者を同時に受けることができるのかについても解説します。

 

ものづくり補助金は生産性を向上させるための設備投資などの支援

ものづくり補助金とは

中小企業や小規模事業者などは、将来的に働き方改革や被用者保険の適用範囲の拡大、賃上げ、インボイスの導入などといった制度の変更による課題に直面する可能性があります。このような課題に対処するために、中小企業や小規模事業者は新しいサービスの開発や試作品の制作、生産プロセスの改善などに取り組んで生産性を向上させる必要があります。その支援として、ものづくり補助事業公式ホームページによれば、設備投資などを支援するプログラムが提供されています。

ものづくり補助金の申請枠

ものづくり補助金には複数の申請枠があります。目的に応じて、適切な枠で申請しましょう。

それぞれの枠については、下記になります。

通常枠…革新的な製品・サービス開発または生産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設備・システム投資などを支援する補助金

回復型賃上げ・雇用拡大枠…業況が厳しいながら賃上げ・雇用拡大に取り組む事業者が行う、革新的な製品・サービスまたは生産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設備・システム投資等を支援する補助金

デジタル枠…DX(デジタルトランスフォーメーション)に資する革新的な製品・サービス開発またはデジタル技術を活用した生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上に必要な設備・システム投資等を支援する補助金

グリーン枠…温室効果ガスの排出削減に資する取組に応じ、温室効果ガスの排出削減に資する革新的な製品・サービス開発又は炭素生産性向上を伴う生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上に必要な設備・システム投資等を支援する補助金

グローバル市場開拓枠…海外事業の拡大・強化等を目的とした「製品・サービス開発」又は「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援する補助金(①海外直接投資類型、②海外市場開拓(JAPANブランド)類型、③インバウンド市場開拓類型、④海外事業者との共同事業類型のいずれかに合致するもの)

 

IT導入補助金とは生産性の向上に資するITツールの導入の支援

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者が労働生産性を向上させることを目指しているときに役立つ支援制度です。この補助金は、業務を効率的に行うためのITツール(ソフトウェア、アプリ、サービスなど)を導入する取り組みを支援するものです。具体的には、業務の効率化やデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるためのITツールの導入に財政的な支援が行われる制度です。

出典:IT導入補助金2023

IT導入補助金の申請枠

IT導入補助金には複数の申請枠があります。目的に応じて、適切な枠で申請しましょう。

それぞれの枠については、下記になります。

 

通常枠(A・B類型)…中小企業・個人事業主がITツール導入に活用できる補助金

セキュリティ対策推進枠…高まるサイバー攻撃事案の潜在リスクを踏まえサイバーインシデントが引き起こすさまざまなリスク低減を支援する補助金

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)…インボイス制度も見据えた企業間取引のデジタル化を支援する補助金

デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型)…複数の中小企業・小規模事業者等が連携してITツールを導入し、生産性の向上を図る取り組みを支援する補助金

デジタル化基盤導入枠(商流一括インボイス対応類型)…中小企業・小規模事業者等の労働生産性の向上及びインボイス制度への対応を促進する取り組みを支援する補助金

 

ものづくり補助金とIT導入補助金は併用できない?

同一事業においてはものづくり補助金とIT導入補助金は併用不可

結論として、同一の事業においては、ものづくり補助金とIT導入補助金を同時に受けることはできません。この制度に関する質問と回答を通じて明らかになっています。

具体的には、サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)のよくある質問のなかに、

「国の他の助成金・補助金との併用が可能ですか」

という問いがあり、これに対する回答として、

「国の他の助成金・補助金との併用は不可です。ただし、補助対象となる事業内容(サービス・ソフトウェア、経費等)が重複しない場合は申請が可能です」

とされています。

要するに、異なる事業内容に関しては併用が認められているものの、同じ事業内容に関しては両方の補助金を同時に受けることは認められていないということです。したがって、ものづくり補助金とIT導入補助金のいずれかを申請する際には、補助対象となる具体的な事業内容を注意深く検討し、重複がないように計画を立てることが重要です。

ものづくり補助金とIT導入補助金を併用できるケース

結論、ものづくり補助金とIT導入補助金が同一事業を扱わない場合は併用できます。

弊社がご支援した建設業の事業者様の一例をご紹介します。

IT導入補助金の対象事業:

新しいECサイトを構築し、自社で取り扱っている作業着や工具等を販売し、新たな売上の柱を設ける。同時に、新しいECサイトには、インボイス制度に対応した請求書発行機能等も組み込む予定であり、新制度に向けて適格請求書発行事業者を目指す取り組み。

ものづくり補助金の対象事業:

協力会社の職人とクライアントから依頼される案件をマッチングするシステムを構築し、案件の進行を円滑化する。また、この社会保険等の書類を添付する仕組みをシステムに設けることにより、誤って社会保険に加入していない職人を採用してしまうミスを防ぎ、損失を最小化する。

 

まとめ

今回は、ものづくり補助金とIT導入補助金を同時に受ける方法について説明しました。

補助金を申請するのには、多くの手続きや作業が必要です。そのため、無駄な労力を省くためにも、事前にどの補助金を申請するかを理解し、同じ事業内容に該当しないかを確認しておくことが大切です。

当社、アクセルパートナーズは、ものづくり補助金について100社以上の支援、採択された実績がございます。応募申請だけでなく、その先の交付申請、実績報告といった手続きのサポートまで、サービスメニューをご用意しております。

これまで多数、ご支援させていただいたノウハウをもとに、お客様の状況に合わせたサポートを提供いたします。

 

IT導入補助金についても支援を行っておりますので、IT導入補助金申請をお考え、手続きでお悩みの事業者さまは下記リンクからお問い合わせください!

IT導入補助金活用支援サービス

 

ものづくり補助申請をお考え、手続きでお悩みの事業者さまは、ぜひバナーをクリックのうえご相談ください!

ものづくり補助金に関するご相談はこちらから

補助金に関するお悩みは
アクセルパートナーズに
お任せください!

補助金の対象になるのか、事業計画から相談したい等
お客様のお悩みに沿ってご提案をさせていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。

補助金に関する無料相談はこちら

この記事の監修

アクセルパートナーズ 代表取締役二宮圭吾

中小企業診断士有資格者
株式会社アクセルパートナーズ代表取締役 二宮圭吾

WEBマーケティング歴15年、リスティング・SEO・indeed等のWEBコンサルティング300社以上支援。
事業再構築補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金等、補助金採択実績300件超。
中小企業診断士向けの120名以上が参加する有料勉強会主催。