web集客・売上拡大支援ならアクセルパートナーズ

  • 0120-659-057
  • お問合せはこちら

ブログ

セミナーやコミュニティのクレジット決済が簡単にできるStripeの使い方や手数料などを解説

  • 2021年06月03日
  • 著者桜井ゆかこ

この記事のまとめ

 

今回は、オンライン決済システムStripeについて紹介しました。Stripeは、様々な企業で導入されているサービスで、手軽にオンライン決済の受付を行えるようになるのが魅力です。
Stripeを選んだ理由から、メリット、おすすめな状況、簡単な作成方法について紹介します。

 

こんにちは!
アクセルパートナーズのスタッフ桜井です。

最近、オンラインでコンテンツを販売したり、コミュニティを作ったりすることが多くなってきていますよね。
会社で、あるいは個人事業主で、オンライン販売の開始やオンラインセミナーを開催したいと計画したとき、決済方法について迷われる方も多いのではないでしょうか。

多機能じゃなくても良く、シンプルで使いやすいサッと導入できるものを探している事業者さんはいらっしゃいませんか?

今回は、当社が実際に、シンプルで簡単に導入できるオンライン決済を探し、導入を決めたStripe(ストライプ)についてご紹介したいと思います。

(引用:Stripe)

内容は、Stripeとは?から実際使用して感じたメリット、使い方、導入におすすめな場合となっています。

ちなみに当社では実際に以下のコンテンツの決済にStripeを利用しています。
アクセル診断士ネットワーク申し込みフォーム
中小企業診断士受験生向けフライングコミュニティ募集

Stripeとは?選んだ理由やメリットを紹介

Stripeとは、決済プラットフォームです。導入することで、手軽にオンライン決済を受け付けることが可能になります。
GoogleやAmazonをはじめとする大企業からスタートアップ企業、個人事業主まで、様々な会社などや、また国々で導入されているサービスです。

Stripeを選んだ理由

当社が数あるオンライン決済システムのなかでも、Stripeを選んだ理由は以下の点からでした。

・購入者が会員登録をする必要なく手軽にできる
・操作がシンプルそうだった
・作成作業も簡単そう

では、詳しくStripeのメリットを解説していきます。

Stripeのメリット

実際、使用してみた経験も含めて、Stripeには以下のようなメリットがありました。

Stripeのメリット

 

導入が比較的容易
使用にかかる料金が手数料のみでシンプル
購入者側の会員登録は必要ないため、ハードルが低い(カード払いの場合、クレジットカードなどの登録は必要)
支払いの間隔や設定をカスタムできる
無料トライアル期間を設けることが可能

Stripeは利用を最短1日で開始できる

決済代行サービスのなかには、審査期間が必要なものもあるため、利用までに時間がかかる場合があります。一方Stripeは、審査がなく登録で必要事項を入力すれば利用を開始することができるため、使用開始手続きが他社のサービスに比べて楽で、スピード感のある導入が可能です。

使用にかかる料金が手数料のみでシンプル

決済代行サービスのなかには月額費用+決済手数料がかかるものや、決済方法、販売するコンテンツによって決済手数料が変動するものがあります。
様々なサービスを見てみると、決済手数料は2.5~8.0%と様々で、デジタルコンテンツの手数料が高い傾向にあります。
一方、Stripeは月額費用はなく、決済手数料一律3.6%のため、シンプルです。

例えば、1,000円のものを販売する場合、決済手数料は36円で、入金は964円となります。

購入者側の会員登録が必要ない

Stripeで支払いを行う際、購入者の会員登録作業は必要ありません。
例えば、決済サービス大手のPayPalなどは会員登録が必要というひと手間がありますが、Stripeには不要なためスピーディーに決済を行うことができます。
ただし、支払いの際にメールアドレスやクレジットカード情報を入力することは必要となっています。

支払いの数量、間隔や設定をカスタムできる

支払いの料金モデルについては、1回1,000円という標準設定から、パッケージ、段階的、数量ベースでの設定を行うことができる。
パッケージ料金は、たとえば、5 ユニットごとに ¥2,500 を請求するなどができます。
段階的料金は、最初の 100 ユニットについてはユニット当たり¥1,000、それ以降の 50 ユニットについてはユニット当たり ¥500 を請求するなどの設定が行えます。
数量ベースの料金は、50 ユニットのときはユニット当たり ¥1,000、100 ユニットの場合はユニット当たり ¥700 を請求するといった設定をすることができます。

支払いの回数形式や間隔については、「一括」か「継続」の選択を行います。
「一括」を選択すると、一回きりの単発的な請求を行うことができます。
「継続」を選択すると、サブスクリプション的な請求を行うことができます。請求期間をカスタムすることが可能で、日次、週次、月次、年次をはじめ、3か月毎、半年毎など自由に任意の期間継続して請求を行うことが可能です。2日おきや、隔週など、かなり融通の利く設定ができます。

例えば、単発セミナーは「一括」、継続的なセミナーやコミュニティの費用は「継続」ボタンによって作成するイメージです。

実際のカスタムの方法は「Stripeで支払いフォームを作成する簡単なやり方」で解説します。

無料トライアル期間を設けることが可能

任意の日数、無料トライアル期間を設定することができます。例えば、月額会員を募る際、30日のお試し期間があることをアピールすることで入会のハードルを低くし間口を広げるという効果を狙うことも可能です。

Stripeがおすすめな状況

使用してみて、スタートアップ事業や中小企業におけるECサイトへの導入、セミナーやコミュニティの集金などで特に役立つのではないかと感じました。

例えば、DMMオンラインサロンのようなプラットフォームだと、運営者自体に知名度がなければ集客が難しい状況があったと思います。

Stripeの決済を活用することで、集客はTwitterなどのSNSで行い、シンプルな形式でセミナーを開催することもできます。

商品の販売ページの作りこみが必要なく決済画面だけが欲しい場合にもおすすめです。

Stripeは開発者向けのサービスともいわれていますが、特にコードが分からなくても使用することができました。

Stripeで支払いフォームを作成する簡単なやり方

当社でコンテンツの決済できる画面を設置する際、必要最低限でよかったため簡易な方法で作成しました。作成は以下の手順です。

①ダッシュボードで「商品」をクリックします。
②右上の「+商品を追加」をクリックします。

(引用:Stripe)

③各項目を入力します。

月1,000円の月額会員の商品を作成する場合、名前、説明・画像(任意)を入力し、「標準の料金体系」、価格に1,000を入力、「継続」を選択、「月次」を押します。

無料トライアル期間を設けるときは、「その他オプション」をクリックし、無料トライアル期間の日数を入力します。

(引用:Stripe)

④商品を作成したら、前半部にある「+支払いリンクを作成」をクリックし、リンクを作成します。

このリンクは一括商品でも定期商品でも作成することができます。

⑤ダッシュボードの商品の下層にある「支払いのリンク」をクリックし、そこにあるリンクURLをサイトやメールなどに貼ることで、決済画面へ飛ばすことが可能となります。

ちなみにWordpressのページに埋め込むこともできるため、ページの変遷を最小限にとどめることも可能です。

まとめ

 

今回のまとめ

 

今回は、オンライン決済システムStripeについて紹介しました。Stripeは、様々な企業で導入されているサービスで、手軽にオンライン決済の受付を行えるようになるのが魅力です。
メリットとしては、以下の点があります。

 

導入が比較的容易
使用にかかる料金が手数料のみでシンプル
購入者側の会員登録は必要ないため、ハードルが低い(カード払いの場合、クレジットカードなどの登録は必要)
支払いの間隔や設定をカスタムできる
無料トライアル期間を設けることが可能

あわせて、オンライン決済ページを作る際、どう行えばいいか簡単な手順を紹介しました。

 

便利なデジタルツールを利用し、提供側、購入側どちらも使いやすいと申し込みのハードルもひとつ下がると思います。

アクセルパートナーズでは、決済の手前、集客やマーケティングについても様々なコラムをアップしています。ぜひあわせてご覧ください!

マーケティングに関するコラムはこちらをどうぞ。