ジオターゲティングとは?メリット・デメリットとGoogle広告との違いを解説

ジオターゲティングのメリットデメリットとGoogle広告との違い

ジオターケティングを活用してみたいけれど具体的にどうしたら良いのか、Google広告との違いは何なのか、このように悩んでいる人はいませんか?
ジオターゲティングは位置情報を利用したマーケティング手法をいいます。
地域に密着した広告配信ができるため、ユーザーを実店舗へ誘導できます。

ジオターゲティングは、商品の購入までを目的としていないため、直接コンバージョンにつなげるのは難しいかもしれません。
その上で、ジオターケティングを有効活用できれば、店舗周辺でネット検索しているユーザーに対して、広告を配信していけるはずです。
そこで、この記事ではジオターゲティングのメリット・デメリット、Google広告との違いまでを詳しくまとめました。

ジオターケティングとは?仕組みや特徴を解説

ここでは、ジオターケティングの特徴と仕組みについて解説していきます。
ジオターケティングの目的は位置情報を基に広告を配信し、集客することです。
多くの人に認知してもらうきっかけにもなるため、有効活用することも一つの手かと思います。

ジオターケティングの特徴

ジオターゲティングの最大の特徴は、ターゲットの位置情報を取得して広告配信をおこなうことです。
この位置情報はユーザーの行動履歴そのものであるため、ユーザーの好みがわかります。

例えば、一定期間内にフィットネスジムやスポーツショップへの訪問履歴があれば、体を動かすことに興味があると予測できるはずです。
そんな人にはスポーツイベントやヨガスタジオなどの広告を配信することで、効率良くアピールできるでしょう。
イメージとしては新聞の折り込みチラシに近く、ユーザーの知りたい情報を効果的に届けられるため利便性も高まります。

ジオターケティングの仕組み

ジオターケティングはパソコンやスマートフォンといったデバイスにある GPS・IPアドレス・ビーコンなどを活用して、利用者の位置情報を解析する仕組みです。
以下の表にて具体的な手法についてまとめています。

位置情報の取得方法 内容
GPS ・スマートフォンに搭載
・人工衛星を利用し精度が良い
IPアドレス ・ネット上で通信相手を識別する
・経由するルーターの位置から情報を読み取る
ビーコン ・ Bluetoothを使って情報発信できる端末
・GPSのように広範囲での発信は難しい

 

ジオターゲティングとGoogle広告の違い

ジオターゲティングとGoogle広告との違いは、位置情報の割り出し方です。
ジオターゲティングは先ほどお話した通り、GPSやIPアドレスなどを利用します。

一方、Google広告はユーザーの位置情報や検索履歴元に、ユーザーの位置を割り出していると言われています。

ジオターケティングのメリット・デメリット

ジオターゲティング広告を活用すれば、位置情報を活用した広告配信が可能です。一方、ほかの広告と比べたときにデメリットになる部分もあります。
具体的には次のようなメリット・デメリットが考えられるので、詳しく見ていきましょう。

ジオターゲティングのメリット

位置情報を活かした広告配信

位置情報を有効活用し、特定のエリアを指定した広告配信が可能です。
より細かくエリアを指定できるジオターゲティングだからこそ、店舗への来客を促進できます。

あらかじめ店舗を指定しておくことで、その店舗から半径◯圏内にいるターゲットに向けたアプローチができるのです。
店舗の最寄駅をある一定数以上利用したという条件にすると、近隣住民はもちろん通勤・通学者に絞り込んでの配信もできるでしょう。

ジオターゲティングのデメリット

位置情報取得に同意したユーザーのみが対象

ジオターゲティングはすべての人をターゲットにはできるわけではありません。
位置情報の取り扱いに関する利用目的や、取得情報などの注意事項にあらかじめ同意したユーザーのみが対象になります。
皆さんも、スマホから位置情報を有効にするかどうかの許可を求められてことがあると思いまが、その時許可をしていなければ、ジオターゲティング広告の対象外になります。

 

ここまで、ジオターゲティングの説明をしてきましたが、実は配信エリアの設定はジオターゲティングでなくても、リスティング広告でもできるのです。
今回は、Google広告の配信エリア設定をご紹介します。

Googleでも地域ターゲティングはできる!知っておきたいポイント

エリアを指定した広告配信は、Google広告でも設定できます。
ここではGoogle広告で地域ターゲティングするときに、知っておきたいポイントをまとめました。
情報を必要としているユーザーへ向けて効率的に広告配信するためにも、適切に配信地域を設定しましょう。

エリアを指定した広告配信が可能

Google広告はエリアを指定した地域ターゲティングができます。一部例外はありますが、『市町村単位』と『ある地点から◯km以内』というターゲティングが可能です。
例えば、「東京都品川区のみに配信」「事務所から半径10km以内に配信」というような柔軟な広告の配信地域設定ができます。

Google広告なら位置情報取得の同意が不要

Google広告はジオターゲティングのときに必要だった、位置情報を取得するための同意が不要です。
先述したように、Googleの位置情報は、検索しているユーザーや検索履歴などの膨大なデータから割り出されています。
そのため、位置情報の許可をしていないユーザーもターゲティングすることが可能です。

Google広告の精度が高い

Google広告が割り出した位置情報は高い信憑性があると推察されます。
GoogleはWebサービスの中でも世界最大級の検索エンジンであり、蓄積された膨大なデータから位置情報を割り出していると言われています。
ただ、Googleの精度は100%とは言えませんが、Googleが集積しているデータ量を考えると、十分信頼できる精度だといえるでしょう。

まとめ

インターネットが普及している現代だからこそ、ジオターゲティングを効果的に利用できる可能性があります。
位置情報を取得して広告配信するジオターゲティングなら、広告を届けたい人へ適切に届けられるのでユーザーのニーズを満たせるはずです。

ただ、ジオターゲティングとほぼ同じことを、Google広告でもできます。
そのため、ジオターゲティングには多くのメリットがありますが、もしかすると、Google広告の方が費用対効果が高いかもしれません。

「これまでジオターゲティングをやってきたけど成果を感じられない」という方、Google広告が得意なアクセルパートナーズにぜひ一度ご相談ください。

 

アクセルパートナーズに広告運用代行を頼むメリット

・長期的なご支援をさせていただくことを念頭に置いているため、広告運用はもちろんとして、原則月1回のレポート作成や打ち合わせ、LPの改善提案も広告運用費の20%(最低20,000円)の範囲内でさせていただきます。

・広告運用代行だけでなく、WEBサイトのコンサルティングも行なっているため、ご希望に応じて総合的なWEBマーケティングの改善施策もご提案させていただきます。

 

リスティング広告運用代行サービスはこちら