web集客・売上拡大支援ならアクセルパートナーズ

  • 0120-659-057
  • お問合せはこちら

ブログ

【Indeed】有料掲載と無料掲載の違いが分かる!クリック課金の仕組みも合わせて解説

  • 2021年09月14日
  • 著者田中 直輝

こんにちは、アクセルパートナーズスタッフの田中です。

本記事では、Indeedにおける無料掲載と有料掲載の違いを解説します。

違いを一口で言うと、「有料掲載は無料掲載の求人よりもたくさん見られるようになる」のですが、
具体的にどのくらい変わるのかや、ちょっと特殊な有料掲載の仕組みを解説していきます。

Indeedとは?

Indeedは、一言でいうと求人検索エンジンです。
世の中の求人を一括で検索できる便利なサイトで、今Indeedを使う求職者の方がとても多くなっています。
しっかりとIndeedの特徴を抑えたい方はこちら→3分で分かる「Indeed」とは?押さえておきたい3つの特徴

事業者の方は、Indeedに直接求人を掲載することができ、掲載には無料掲載有料掲載があります。

 

有料掲載と無料掲載の違い

 

  無料掲載 有料掲載
料金 無料 クリック課金型
求人のクリック数 無料の3.5倍※1
原稿作成 自分で作成 自分で作成※2
掲載期間 制限なし※3 有料期間は自由に設定可能
掲載求人数 無制限 無制限

※1:Indeed調べ
※2:代理店に頼む場合は、代理店が作成することがほとんど
※3:求人を数十日編集しないと自動的に停止されます

無料と比較して有料掲載は3.5倍クリックされる=3.5倍見られるというのが大きなポイントになります。
私も体感ですが、一般事務やイベントスタッフなどの人気職種を除いて、無料のみで必要人員を募集しきるのはかなり難しいと感じています。

なぜこのように有料と無料で差がつくのかというと、その秘密は表示回数にあります。

「スポンサー」というマークがついているのが有料広告の目印です。「スポンサー枠」という言い方もします。

スポンサー枠に有料出稿することで、求人が検索結果の上部、中間部、下部に表示されるようになります
日々新しい求人が掲載されていくと、無料で掲載している求人は埋もれてしまいますが、有料枠(スポンサー枠)に出稿していると出稿期間は上位に表示され続けます。

 

有料掲載の仕組み

有料掲載の特徴2つ

 

①クリック課金型

②料金はチャージ型

 

 

クリック課金型

通常の求人メディアは、「2週間掲載で7万円」のように、掲載すること自体にお金がかかります。
一方でIndeedは、「1クリック100円」のようにクリックされるごとにお金がかかります
掲載期間や決められた予算はありません。

1クリックにかかる金額(クリック単価)は15円~1000円で自由に手動設定できます。
「自動調節設定」という設定方法もあり、これは手動で設定した月額や日額をもとにAIがクリック単価を効率よく自動調節するという仕組みです。

このクリック単価は、求人の表示順位に深く関わってきます。
というのも、有料枠(スポンサー枠)は入札制度になっているのです。
1クリック100円と設定している求人よりも、1クリック150円と設定している求人のほうが上位表示されやすくなります。
その他表示順位には

①検索キーワード
②求職者の行動履歴
③原稿内容

の3つが関係していますが、詳細なアルゴリズムは公開されていません。

クリック課金型のメリット

 

①見られた数に対して費用がかかるので無駄が少ない
 
②クリック単価を調節することで上位表示をコントロールできる
 
③掲載期間、予算を都合に合わせて変えられる

 

クリック課金型のデメリット

 

①クリック単価が低すぎると、人の目につかない
  

②「自動調節設定」にしていると、「1クリック1000円」など高単価になってしまうこともある

もし自社でIndeedを運用するのであれば、適度に見られつつ単価を抑えられるクリック単価を見極める必要があります。

 

料金はチャージ型

Indeedでは、先にお金をチャージし、クリックされるごとに減っていくというシステムです。
いわゆるデポジット制というもので、交通系ICカードと同じ仕組みになっています。交通系ICカードも、先にチャージして使った分だけ減っていきますよね。

チャージ型には以下のようなメリットがあり、費用対効果良く採用活動を行うことができます。

メリット

①採用が終わったらその時点でストップでき、残りのお金は次回の求人にとっておける
 
②採用が終わったらその時点でストップでき、他の職種の募集に費用を回すことができる
 
③募集職種や募集人数に応じてプランを練る手間がない

まとめ

では、最後に記事のまとめとして以下の2点を押さえておきましょう。

・有料掲載と無料掲載の違いは表示回数で、クリック数が3.5倍違う。

・有料掲載の仕組みは、お金を事前にチャージして、求人をクリックされるごとに費用が引かれていくというもの。

しっかりと応募を集めたい場合は有料掲載をおすすめしますが、無料掲載であっても応募が来ることはあるので、「あと一人いたら嬉しいな」「いい人がいたら採用した」という方はネット上に張り紙をする感覚でIndeedに無料掲載するのがとてもいいと思います。

アクセルパートナーズはIndeedの認定パートナーとして様々な事業者様のIndeed運用代行をしています。

スクール、運送、介護、工場作業、軽作業、商社、士業、接骨院、病院、販売サービス、様々な実績がありますので、ぜひお気軽にご相談ください。