ペルソナと原稿の切り口が重要!indeedで営業職を採用するコツ

  • 著者:田中 直輝
  • 投稿日:2022年08月22日

会社の売り上げ拡大に重要な営業マンの増員募集、皆さまはどのような採用手法で行っているでしょうか。

コストに無駄が少ないエージェント系は基本的に待ちの姿勢が求められるため、求人サイトを利用することをおすすめします。

本記事では、今最も求職者が使用している求人サイトのindeedにおいてどのように募集をするのが効果的かを解説いたします。

indeedがおすすめな理由

indeedがおすすめな理由は

・クリック課金型だから見られた分だけの課金で費用対効果が高い
・今最も求職者が使用している求人サイトである

など基本的なメリットは多々あります。

しかし、こと営業においておすすめな理由は原稿が複数作成できる点です。

「複数原稿を作るも何も、募集したいのは営業だけなんだけど…」とお考えの方が多いと思います。
しかし、一口に営業と言っても、様々な切り口で募集をすることができます。

例えば、

BtoBでアドバイスをする側面が強い営業であれば「コンサルタント」

企画とそのまとめを担うことがあれば「ディレクター」

未経験はアシスタント業務から慣れていくのであれば「営業アシスタント」

というような出し方ができます。

また、同じ「営業」でも、経験によってマネジメント業務などがあり、給与が変わってくる場合は、営業経験者用の原稿と営業未経験者用の原稿を作成するのも効果的です。

indeedは原稿数(=窓口)を増やすことにより、求職者の目に触れる回数が増え、より多くの応募を集めることができます。

原稿作成のコツ

ペルソナを作る

営業職を探す求職者にも様々なタイプがあります。

具体的には

①未経験だけどガンガンとインセンティブで稼ぎたい!年収1000万円いきたい!
②安定して働き、そこそこ出世していきたい。
③今の給料に満足が行っておらず、キャリアアップをしたい。

などです。

果たして、自社が必要なのはどのタイプでしょうか?

もし①であれば

・未経験者の年収例
・仕事内容を丁寧に書く

②であれば
・教育体制
・平均勤続年数
・年間休日
・離職率
・有給休暇取得日数

③であれば
・給与は、前職の給与と相談のうえ決めますという表記
・ステップアップの流れ
というように、ターゲットに合った内容をしっかりと分厚く記載することが必要です。

 

原稿に何を書く?

営業職を求職する人が気にするポイントは5つです。

①自分が何を売ることになるのか。

②安定した業界かどうか。

③法人向けか個人向けか

④新規か既存か

⑤営業の方法(訪問か、オンラインか、テレアポか飛込訪問か)

これらを網羅するように、仕事内容や会社についての記載をすると良いでしょう。

おわりに

アクセルパートナーズはIndeedの認定パートナーとして様々な事業者様のIndeed運用代行をしています。

広告費5万円~+運用費20%と小額から承っています。
運用費を頂くからこそ、事業者様が自身で運用するよりも、価値が出せるように安価な採用を目指します。

まずはご相談からでもお気軽にお問い合わせ下さい。

アクセルパートナーズのindeed運用代行サービスはこちら

アクセルパートナーズに頼むメリット

・広告代理店ではなく、マーケティング会社なので安価に良い採用ができるようお手伝いします。自社の売上のための過剰な予算設定や無理な予算増額は一切行いません。

・運用型広告に10年以上携わり、実績は100社以上です。(スクール、運送、介護、工場作業、軽作業、商社、士業、接骨院、病院、販売サービス)Indeed認定パートナーとしてのノウハウも活かしながら採用をお手伝いします。