【応募数UP】人気キーワードが分かる!indeedの採用市場レポートの使い方を解説!

  • 著者:田中 直輝
  • 投稿日:2022年08月01日

最近事業者様から、indeedを活用しきれていない気がするというお悩みを耳にします。
おそらくそう思われている理由は、求人をほったらかしにしてしまっているからでしょう。
では、どのようにして求人をアップデートすればよいのでしょうか。
そんな時に手助けとなるのが、採用市場レポートです。

indeed独自の分析機能である「採用市場レポート」を活用して、より効率的な運用を目指しましょう。

アクセルパートナーズのindeed運用代行サービスはこちら

採用市場レポートとは?

採用市場レポートとは、indeedの管理画面から使える機能の一つで、地域職種の掛け合わせで求職者データを出すことができる分析機能です。
採用市場レポートでは、以下のことが分かります。

採用難易度スコア
求人数
求職者
求人あたりの求職者数
求職者のデバイス
平均給与
採用企業数
人気検索キーワード

実際のレポートがこちらです。

 

indeed採用市場レポート

使い方

使い方はとても簡単です。
indeed管理画面→アナリティクス→採用市場レポート と進むこととで、採用市場レポートの画面に遷移することができます。

職種名と、都道府県を入れて「レポートを作成」で、OKです。
注意が必要なのは、市町村などの詳細なデータは出すことができません。

活用方法

①人気キーワードを入れる

キーワードとは、求人原稿に書かれている文言のことです。
キーワードは、indeedを運用するうえで最重要といえます。
なぜならば、求職者はindeedを利用するとき、必ず何かしらのキーワードを入力して検索をするからです。
そして、そのキーワードの中でも、特に入力されているものが、「人気キーワード」です。
キーワードが求人原稿に入っていないと、検索すらされないという事態になってしまいます。
人気キーワードを原稿内に盛り込みながら求人票を作成しましょう。

②平均給与を知る

採用市場レポートでは、平均給与を知ることができます。
ただ、こちらの平均給与は、正社員・アルバイト・パート関係なく算出されています。
ですので、このデータはあくまで目安とし、実際にindeedで競合を検索するということを合わせて行いましょう。
給与が相場と比べて低すぎる場合、餌の無い釣り糸を垂らし続けることになり、とても広告費がもったいないです。
採用に有利な会社になるためにも、既存従業員の満足度を引き上げるためにも、賃上げを検討するタイミングかもしれません。

③採用難易度スコアで、難易度を把握する

採用難易度スコアは、求職者の数と企業の数から算出されるデータです。
このスコアが高い場合、広告費が多くかかること、応募がなかなか来ないことが予想されます。
実際に採用難易度スコアが90以上の場合は、
①しっかりと予算をかける
②薄く網を張り続ける戦略を取る
③特化型の他媒体を検討する
のどれか選択肢となります。
アクセルパートナーズとしては②を行いつつ、様子を見て③を並行して行う手法をお勧めしております。

終わりに

本記事のまとめ

採用市場レポートを活用することで、採用難易度や人気キーワードを知ることができるようになりました。
indeedは出しっぱなしにしていてもなかなか効果が出にくい求人サイトです。
その反面、丁寧に運用をしていけば効率的に求人をすることができます。
分析で終わるのではなく、活用部分までしっかりと行いましょう。

アクセルパートナーズはIndeedの認定パートナーとして様々な事業者様のIndeed運用代行をしています。

広告費5万円~+運用費20%と小額から承っています。
運用費を頂くからこそ、事業者様が自身で運用するよりも、価値が出せるように安価な採用を目指します。

まずはご相談からでもお気軽にお問い合わせ下さい。

アクセルパートナーズのindeed運用代行サービスはこちら

アクセルパートナーズに頼むメリット
  
・広告代理店ではなく、マーケティング会社なので安価に良い採用ができるようお手伝いします。自社の売上のための過剰な予算設定や無理な予算増額は一切行いません。
 
・運用型広告に10年以上携わり、実績は100社以上です。(スクール、運送、介護、工場作業、軽作業、商社、士業、接骨院、病院、販売サービス)Indeed認定パートナーとしてのノウハウも活かしながら採用をお手伝いします。