ホーム > 補助金コラム一覧

【徹底解説】中小企業省力化投資補助事業(省力化投資補助金)・カタログ型の内容

  •  
    公開日:

人手不足を乗り越えるために中小企業の省力化投資を大胆に支援する中小企業省力化投資補助事業が発表されました。経済産業省は政府の2023年度(令和5年度)補正予算案に1,000億円を盛り込みました。中小企業の省力化投資に対して補助金が支給されます。 

「人手が足りず困っている」「発注が増加したが従業員の長時間労働が問題となっている」といった声をよく聞きます。そのような事業者はぜひ活用をご検討ください。 

※ただし、現時点では「いつから応募が始まるのか」「どんな条件があるのか」などの要件や規定について詳細な公募要領が発表されていません。発表され次第、更新していきます。 

 

中小企業省力化投資補助事業の目的 

中小企業省力化投資補助事業は、中小企業等の売上拡大や生産性向上を後押しするために、人手不足に悩む中小企業等に対して、省力化投資を支援する事業です。これにより、中小企業等の付加価値額や生産性向上を図り、賃上げにつなげることを目的としています。

内閣府・デフレ完全脱却のための総合経済対策 施策例「簡易で即効性がある省力化支援に向けた中小企業等事業再構築促進事業の再編」から抜粋)

引用先:経済産業省関係令和5年度補正予算の事業概要(PR資料) 

 

中小企業省力化投資補助事業の概要 

IoTやロボット等の人手不足解消に効果がある汎用製品の導入について補助金が支給される予定です。センサーや無人決済システム、検品・仕分けシステム、無人搬送ロボット、無人監視システムなどハード・ソフト両面を想定しています。 

例えば、宿泊・飲食サービス事業では自動清浄機ロボットや自動配膳ロボットの導入により労働時間の削減につながります(内閣府・総合経済対策政策ファイル2023年11月「中小企業等の人手不足対応・生産性向上への支援」から抜粋) 

汎用製品は、結婚式の引き出物をカタログから選ぶように、事業者が容易に省力化対応製品を導入できるように「カタログ」形式で掲載され、中小企業等が選択して導入できるようになります。 

汎用製品がカタログ型としてラインナップされることで、申請する事業者が機器の性能やスペックなどを容易に比較検討でき、即効性のある機器の選定が可能になります。 

 

補助額と補助率 

省力化投資補助枠(カタログ型)として、以下の補助額と補助率が設定されています。 

 

補助額 

従業員数5名以下で上限200万円(300万円) 

従業員数6~20名で上限500万円(750万円) 

従業員数21名以上で上限1,000万円(1500万円) 

※賃上げの要件を達成することで、( )内の値に上限額が引き上がります。 

 

補助率 

いずれも投資額の1/2が補助されます。 

 

 

引用先:経済産業省簡易で即効性がある省力化支援に向けた中小企業等事業再構築促進事業の再編 

 

中小企業省力化投資補助事業・カタログ型の申請支援の料金

  • 事前ヒアリング

    無料

  • 着手金

    100,000円(税抜)

  • 成功報酬

    採択金額の10%
    (下限100万円)

まとめ 

詳細な公募要領が発表されてからになりますが、自社事業の省人化を進めたい、生産性を高めたいと考える事業者にとっては、大変有効で使い勝手の良い補助金です。ぜひ活用をご検討ください。 

アクセルパートナーズでは、各種補助金・助成金の申請サポートや、財務支援を提供しています。  

これまで多数の事業者様をご支援させていただき、結果を出して来たノウハウをもとに、お客様ひとりひとりの状況に合わせたサポートを提供いたします。  

補助金・助成金の活用や財政支援をお考えの事業者様、お悩みの事業者様、ぜひバナーをクリックのうえご相談ください!  

補助金に関するお悩みは
アクセルパートナーズに
お任せください!

補助金の対象になるのか、事業計画から相談したい等
お客様のお悩みに沿ってご提案をさせていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。

補助金に関する無料相談はこちら

この記事の監修

アクセルパートナーズ 代表取締役二宮圭吾

中小企業診断士有資格者
株式会社アクセルパートナーズ代表取締役 二宮圭吾

WEBマーケティング歴15年、リスティング・SEO・indeed等のWEBコンサルティング300社以上支援。
事業再構築補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金等、補助金採択実績300件超。
中小企業診断士向けの120名以上が参加する有料勉強会主催。

Xをフォローする