web集客・売上拡大支援ならアクセルパートナーズ

  • 0120-659-057
  • お問合せはこちら

ブログ

【中小企業向け】Webマーケティングで集客失敗の理由9つと改善方法

  • 2021年08月19日
  • 著者桜井ゆかこ

この記事のまとめ

 

今回は、Webマーケティングでなぜ集客を失敗してしまうのか、考えられる理由について解説しました。またその改善方法についても簡単に紹介しています。

 

こんにちは!
アクセルパートナーズのスタッフ桜井です。

Webマーケティング、行っていますか?
「うちの会社はWebマーケティングは向いてないから」「やったことはあるけど結果が出なかったから」と言って一切やらないと決め込んではいないでしょうか。

本当に、Webマーケティングに向いていないから失敗してしまったのでしょうか?

今回は、なぜ中小企業がWebマーケティングに失敗してしまうのかその原因を、これまで様々な企業さんのWebコンサルティングを行ってきた当社の社長二宮さんに聞いてきました。
この記事は、Webマーケティングの失敗を未然に防ぐチェック項目としても活用できます。
改善方法も紹介しますので、ぜひ今一度、見直してみてください!

1.中小企業がWebマーケティングを失敗する具体的な9つの理由

中小企業がWebマーケティングを失敗する主な理由は主に9点考えられます
二宮さん
二宮さん
桜井
桜井
けっこうありますね!
1つのことが原因だけでなく、複合的な場合もあります。その改善策については、事項で解説します。
9つのうち、はじめの2つは権限的な問題ですね。
他の7つは施策自体の問題となっています
二宮さん
二宮さん

失敗理由①決裁権を持つ人がよく分かっていないままに主導する

決裁権を持つ人、中小企業だと経営者さんがあてはまることが多いと思います。この人が思いついたままにWebマーケティングを行い失敗してしまうパターンってけっこうあるんですよね。例えば、同業他社がTwitterでバズって売り上げがあがったからウチもやろうとか・・・
二宮さん
二宮さん

後半に出てきますが、Webマーケティングは思いつきや単発で行うと失敗してしまう可能性が高いです。明確に数字を出すことができ、分析を行えるからこそ、様々な施策を効果的なタイミングで網羅的に行い改善を繰り返していくことで、良い成果を得られる場合が多いのです。

失敗理由②Web担当者に予算、権限がない

失敗理由①に関連してくるのですが、Web担当者に予算、権限がないため、施策を効果的にちゃんと行うことができないということもあげられます。
無料ではじめられるSNSから試してみよう、という見切り発車ではなく、経営者がWebマーケティングの重要性を知って、Web集客に適切な予算や人員などのリソースを割くことが大切です。

マーケティングを担当することについてのおすすめ記事がありますので、ぜひあわせてご覧ください。

【中小企業向け】戦略伝授!マーケティングとプロモーションの違い

失敗理由③ターゲットが明確ではない

自社が見てほしい情報だけ発信して、人々に見てもらうというのは、こと中小企業のWebにおいては、かなり困難です。ユーザーが興味のあること、知りたい情報を提供し、発信することで、だんだん検索結果のなかで評価が上がり、多くの人の目に触れる機会が増えていきます
評価されるコンテンツを発信するためには、ターゲットを明確にすることが重要です。

失敗理由④目的やゴールを決めていない

Webマーケティングには様々な種類があり、なかでもSNSマーケティングは、無料で気軽にはじめることができます。そういったものを目的やゴールを決めずなんとなく試してみて、時間はかかったが特に成果がでない、ということがあるのではないでしょうか。
予算もリソースも少ないため中途半端になり、運よく成果がでたとしても偶然なため再現性がないという状況も考えられます。
そのため結局、継続的に施策を行えず失敗してしまうのです。

失敗理由⑤短期的な成果だけを見ている

例えば、リスティング広告は比較的瞬時に成果が出やすい施策です。一方で、SEOやコンテンツマーケティングなどは、時間をかけなければ成果が生まれてこないことが多いです。長期的な視点を持って取り組まなければ、失敗という判断になってしまいます。

失敗理由⑥単発の施策しかやらない

WEBマーケティングの施策には、コンテンツマーケティング、リスティング広告、SEO対策、SNSなど様々な種類があります。単体で成果を求めると、費用対効果が合わず、失敗という判断になってしまいます。それぞれを組み合わせて、継続的に長い目で行うことが重要です。
施策を組み合わせて行うことについては、こちらのコラムがおすすめです。

中小企業の自社HPへアクセス数が増える短期と長期の方法

失敗理由⑦施策の順番が効率的ではない

ターゲット、目的やゴールの設定をおろそかにし、曖昧なまま思いついた順で施策を行っていっても効果がでることは滅多にありません。

失敗理由⑧外注して全部おまかせ

外注先は、Web制作やマーケティングにいてはプロかもしれません。しかし自社の商品やサービスに一番詳しいのは、外注先ではなく、あなたの会社のはずです。すべてを丸投げしてしまうと、自社の強みを最大限活用できず、どこにでもあるようなコンテンツになり、せっかく制作したのに埋もれて失敗という結末になりかねません。

失敗理由⑨大手企業の真似をすれば成功すると思っている

そもそも大手企業とは予算、人員、時間などリソースの条件が全く違います。大手企業の華々しい成功事例に引っ張られて真似してうまくいかず継続できず失敗、ということになりかねません。

2.Webマーケティング改善方法

桜井
桜井
ここまで失敗理由について解説してきました。では、成功させるためにはどうすればいいのでしょうか?
失敗理由と逆のことを行えばいいんですよ!
二宮さん
二宮さん

Webマーケティングを成功させる方法

 

①決裁権を持つ人がWebマーケティングをある程度理解する
②Web担当者に適切な予算、権限を渡す
③ターゲットを明確にする
参考になる記事:STP分析で適切なターゲット選定をしよう
④目的やゴールを決める
⑤長期的な計画と成果
⑥長期的で複合的な施策
⑦施策の順番を有効的に行う
⑧自社がやるべきことと外注することの区分
⑨自社の規模や目的にあったWebの施策

 

桜井
桜井
なるほど!③⑧⑨については以下の記事が参考になりますね。

BtoBのWEBサイト集客で失敗しないために

以下の「BtoBのWEBサイトを使った集客で失敗しないために気を付けるべきポイント」が参考になります。

この記事では、BtoBのWEBサイト制作する際に焦点を当て、失敗しないためのポイントを紹介しています。内容は以下の通りです。
・WEBサイト制作において、何に気をつければいいのか
・成果が出るWEB制作のポイント
・外注するならWEB制作会社?WEBマーケティング会社?

気をつけるポイントとしては、BtoBのWEBサイトの場合、ホームページに訪問する人は、会社の目的を達成するために訪れているため、「自社がどう役立つか」や「お役立ち情報」がわかりやすく目に入ることが重要であるということを指摘しています。

WEBサイトで成果を出すには以下の4点が重要です。
①ターゲットが明確
②シンプルで分かりやすい
③コンテンツが充実している
④更新頻度が高い

外注する際、マーケティング会社とWEB制作会社のどちらに頼むのかについてですが、目的に合わせて選ぶことが大切です。
ホームページを作る目的があくまで集客ならばWEBマーケティング会社に頼んだ方が良いです。【戦略→制作→運用】をトータルでサポートしているからです。一方、ブランディングやインパクトを重視したサイトであれば、WEB制作会社にお願いするといいでしょう。

桜井
桜井
コラムの概要を説明しましたが、この記事にはより詳しい解説がありますので、ぜひあわせてご覧ください!

BtoBのWEBサイトを使った集客で失敗しないために気を付けるべきポイント

まとめ

今回のまとめ

 

今回は、Webマーケティングでなぜ集客失敗してしまうのか、その理由について解説しました。またその改善方法についても紹介しています。

具体的な失敗理由としては、以下の9点が考えられます。

①決裁権を持つ人がよく分かっていないままに主導する
②Web担当者に予算、権限がない
③ターゲットが明確ではない
④目的やゴールを決めていない
⑤短期的な成果だけを見ている
⑥単発の施策しかやらない
⑦施策の順番が効率的ではない
⑧外注して全部おまかせ
⑨大手企業の真似をすれば成功すると思っている

 

どうしたら成功するのかについては、上記の失敗理由の逆を行うことを書いています。
参考になる記事も概要を紹介していますので、あわせてぜひご覧ください。

 

桜井
桜井
アクセルパートナーズは、様々な企業さんのWebコンサルティングを行い、Webでの販売促進に一役買っている実績があります。

自社HPは何が問題でアクセス数が少ないのかなど、お悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!

記事監修: 二宮 圭吾(代表取締役)