名古屋のweb集客・売上拡大支援ならアクセルパートナーズ

LINE相談

  • 0120-659-057
  • お問合せはこちら

ブログ

社長と社員は違う!中小企業の社長は孤独に悩みを解決するもの!

  • 2020年05月16日
  • 著者今井志津

「社長とは孤独な生きもの」
社長は誰にも悩みを話せない…とはよく聞かれる話です。
社長と社員には大きな違いがあり、社長は会社の経営に対して、常に自分で決断しなければなりません。
すべての問題に一人で向き合い、だれも答えを教えてはくれないのです。

「将来は独立したい」「自分のスキルを活かしたい」という人や、フリーランスをしながら、会社設立のチャンスをうかがっている人など、起業を考えている人たちが多くいます。自身が社長になり会社を経営していくうえで、悩みがふえることは想像に難くないですね。

「社長はどのようなこと悩んでいるのか」、事前に知っておくことで、将来起業した際に役立つこともあるかもしれません。

そこで、中小企業の社長の悩みについてまとめてみたいとおもいます。

 

1.社長の悩み

社長の悩みにはどのようなものがあるのか、箇条書きしてみます。

1)ヒトに関係すること

<社員の問題>
・管理者の育成ができていない
・役割分担ができない
・人が定着しない
・優秀な人材がいない
・採用がうまくいかない
・組織が機能していない
・社員が上司や会社の悪口を社外でいう
・手抜きをする
・どうせ会社のカネだからという意識
・社員が足を引っぱりあう
・レベルが低い
・考える力がない
・指示しないと動けない
・やる気がない
・創意工夫しない
・当事者意識が低い

<社長の問題>
・社員との距離がうまくとれない
・社員の統率方法がわからない
・社員と意思疎通できない
・右腕となる人材がいない
・社員からの共感が得られない

 

2)モノ(事業など)に関すること

・事業拡大ができない
・新規事業がうまくいかない

 

3)カネに関すること

・売上があがらない
・運転資金が不足している
・資金繰りができない
・コストがかかりすぎる
・売上が横ばい
・利益率が低い

 

4)経営に関すること

・取引先への依存度が高い
・移転すべきかどうか
・企業のブランディングができない
・販路開拓ができていない
・海外展開をどうすべきかわからない
・競合との差別化をどうするか

 

5)社長自身に関すること

・自分の時間の抽出がむずかしい
・家族に会えない
・現場から離れつつある
・夜が弱くなり二次会を断る

ヒト・モノ・カネなど、大きな枠組みで分類してみました。
悩みは人によって違うので、他にもたくさんあるとおもいます。

「企業はヒトなり」や「会社の強みをつくるのはヒト」など、会社にとって「ヒト」は重要な経営資源です。
だからこそ、「ヒト」=社員に対して期待してしまう分、社長の悩みも尽きないのではないかと考えられます。

 

2. 社長と社員は違う

社長が社員に期待する気持ちは当然かもしれません。
しかし、社員に、社長と同じように考えて、行動することを求めても、難しいかもしれません。

・社員は上司の指示で動いている
・社員は上司が責任を取る
・社員は会社の経費で活動している
・社員は給料日に決まった金額を受けとる
こうしたことから、どんなに社長が望んでも、社長とは賭けているモノが違うため、社員が社長と同じようになることは無理なのです。

 

3.なぜ孤独なのか

社長はどうして孤独になるのでしょうか。

①自分の責任ですべて決断する

社長は常に決断を迫られていて、重要度が高いほど、誰にも相談できなくなります。金銭的なことなど多くの不安を、すべて一人で向き合わなければなりません。

 

②今までの友達と価値観がズレる

起業した人とそうでない人の間では、責任の重みが違うため、大きな溝ができてしまうことも。今までのように楽しい時間を過ごすことができない、というのはよくある話で、割り切るしかなさそうです。

 

③孤独=自由である

社長は自分自身ですべてを決めるため、言い方をかえれば、自由であるといえます。自由であるということは、すべて自分で決断して行動するので、孤独とも言えます。

 

このように、社長業は孤独であるようですね。
ただ、社内に参謀を育てたり、社外での人脈を広げたりと、孤独を軽減させる方法はいくらでもあります。
家族との時間を増やして、オンオフを切り替えることも有効で、「家族に会えない」という悩みの解決にもつながりそうですね。

 

4.まとめ

社長歴や設立年数など、企業のライフサイクルによって、悩みの内容も変わってくるようです。

いかがでしたか。
起業を考えたときには、孤独に悩みを解決していく覚悟をもつことも大切、と気づかされました。
ただ、悩みを一つ一つ改善し、自分の夢を自由に企業に反映できることが、社長業の醍醐味でもあります。

また、信頼のおけるコンサルタントに経営相談をすることで、「孤独に悩みを解決する」ことは回避される可能性もあるとおもいます。

中小企業の社長のみなさまが、悩みを改善し、夢を実現していくことを、今後も応援していきたいとおもいます。