名古屋のweb集客・売上拡大支援ならアクセルパートナーズ

LINE相談

  • 0120-659-057
  • お問合せはこちら

ブログ

「BOSE」日米欧の全店閉鎖!大手のネットシフトに対する中小企業の対策

  • 2020年01月24日
  • 著者今井志津

1.大手音響機器メーカー「BOSE」の直営店閉店

「スマートフォンによって業界が変わった」

そう声明を発表した大手音響機器メーカーの「BOSE(ボーズ)」。軸足をインターネット販売に移すようです。
参照記事はこちら↓
「産経新聞:音響機器『ボーズ』が日米欧の全店閉鎖 ネットに軸足(2020年1月16日)」

 

今や生活の必需品となったスマートフォン。その台頭により企業を取り巻く外部環境が変化してきたことで、大手メーカーもビジネスモデルを変えていくようですね。

2.中小企業の施策

「BOSE」のニュースを聞いて、皆さんはどうおもいましたか?
「やっぱり、これからはECサイトでの販売も考えないと…」や「もっと効率的に商売をしていかなければ!」なんて声が聞こえてきそうですね。

そこで今回は、この大きな環境変化をビジネスのチャンスととらえて、「中小企業は今後どのように商売のスタイルを確立するべきか?」について考えてみたいと思います。

中小企業でヒントになる事例をご紹介します。参照はこちら

リアル店舗でノンカスタマー(カメラに興味のない人々)をこれ以上ない情熱でおもてなしして、お店のファンになってもらう。そしてお客様に満足してもらうことで、大手とは差別化をすることが大切なようですね。

 

3.まとめ

いかがでしたか?
「思い出をキレイに一生残すために」という会社方針のもと、「無駄」と「非効率」を肯定して、大手にはない経営スタイルを貫く姿勢が大変印象的でした。

中小音響機器のメーカー小売店でも、

①音響が好きで希少価値の高い製品を好むファン向けに、リアル店舗へ誘導するためのイベントを開催する
②従業員のための勉強会をおこない、サービス力を高める
③通販で何を買ったらよいかわからない初心者に、おもてなしの接客をして、お客様との関係性を強くすることで売上アップにつなげる

などといったように、応用できる点も多いのではないでしょうか。

大手企業が効率化を進めていくなかで、中小企業ならではの経営スタイルをつくり、生き残りをはかっていきましょう。