名古屋のweb集客・売上拡大支援ならアクセルパートナーズ

アクセルパートナーズ

  • 0120-659-057
  • お問合せはこちら

ブログ

マーケティングの基礎 4P分析を理解しよう!

  • 2020年06月17日
  • 著者横井ゆきえ

マーケティングの基本のフレームワークである4P分析について解説します。

マーケティングの4 P

 マーケティングの4 P とは、

・製品 Product

・価格  Price 

・チャネル・物流 Place

・プロモーション Promotion

4つの視点からターゲット市場を分析することで、課題や強みを発見し、戦略的に具体的施策を考えることができます。

これらはマーケティングミックスとも呼ばれています。

分析のポイント

では、それぞれの項目でどんなことを検討したらいいのでしょうか。

製品 Product

ターゲット市場において、どのような商品・サービスが顧客に受け入れられるのか分析していきます。
次のような項目について検討します。

・製品の物的特性
・特徴
・品質
・ブランド
・保証
・パッケージ
・アフターサービス
・製造販売する製品の種類

できるだけ消費者目線で検討することが重要です。

価格  Price 

商品やサービスの価格を分析します。
価格戦略は非常に重要な項目です。
お客様の納得感と、自社の利益を両立させる適正な価格を設定する必要があります。
次の項目について検討しましょう。

・価格政策
・価格設定
・価格変更の理由と時期
・値入
・値下げ
・割引

チャネル・物流 Place

商品やサービスを顧客に提供するルートを検討します。
ターゲット市場に自社の商品やサービスが円滑に届くにはどうしたらいいか分析します。

・流通経路
・流通業者の選定
・流通業者の評価
・倉庫の数・立地
・倉庫の設備
・輸送手段
・輸送頻度
・適正な在庫量

プロモーション Promotion

商品やサービスを知ってもらうためにどのような施策を行うのかを検討します。

ターゲット市場で自社の商品・サービスの存在をより多くの潜在顧客に知ってもらい、ぜひ買いたい!と思わせる広告施策を考えるための分析をします。

様々な媒体があるので、目的に合わせて効果的なメディアを使い分ける必要があります。

・広告目的
・広告予算
・広告媒体
・広告表現
・広告効果測定
・販売員の人数
・販売員の教育訓練
・販売員の業績評価
・販売促進の種類
・展開方法
・パブリシティの目的・対象
・実施方法

パーソナルトレーニングジムを開業する場合

では、どのように分析するのか、パーソナルトレーニングジムを例に考えていきます。

製品

・元アスリートのインストラクターによる女性専用のパーソナルトレーニングジム
・一対一で顧客のニーズにマッチしたきめ細かいメニューを策定 

価格

・市場にはサブスク型の低料金ジムから、ライザップのような高価格帯のパーソナルトレーニングジムが存在。
・近隣の一般的なスポーツジムが1万円以内だとすると、それよりはプレミアム感を出して1万円~1.5万円の価格設定で検討。
・コストを加味して設定しつつ、顧客が長く通い続けられる価格設定。

実際には、価格戦略は正解がなく、非常に難しい課題といえます。

チャネル

・ターゲットは仕事帰りの女性
・帰りに気軽に寄れる立地。
・トレーニングは1対1でマシンの台数も少なくていいので、マンションの一室でこじんまりとトレーニングが可能。

 プロモーション

・小規模な事業なので、莫大な広告費はかけられないため、始めはインスタやツイッターなどのSNSで地道な情報発信を継続。
・自分のキャラクターを活かし、ファンになってもらえるようにブランディングする。

このように4Pの切り口で商品やサービスを設計していくと効果的です。

まとめ

いかがでしたか?

4P分析は、以前ご紹介した3C分析STP分析に並ぶ基本的なフレームワークです。
自社の商品やサービスをよりよくするために、定期的に分析することをおすすめします。