キーワード設定による最適化


キーワードの設定はリスティング広告の設定において最も重要な設定の一つで、

といったポイントに対してしっかりと適切な対処が必要になります。

どのようなキーワードを設定するか

キーワード

キーワード設定は、見込みユーザがどのようなワードを入力して検索するのか、しっかりと見定めて作成することが必要になります。

一般的に商品名やサービス名単独のキーワードと5W1Hの中でwhat(商品名・サービス名等)を中心にwhere(どこで)・why(なぜ)・who(誰が)・when(いつ)・how(どのように)を掛け合わせた複合キーワードを設定します。


例1)部屋の収納家具を探しているユーザに向けての訴求

what:キャビネット・シェルフ・収納ボックス・サイドボード・収納家具・インテリアショップ

等のキーワードが考えられます。

そこに、下記のようなキーワードを掛け合わせていくことで、より求めているユーザ層に近づけていきます。


  • where:インテリアショップ 名古屋
  • who:キャビネット 子供用・収納 一人暮らし
  • how:サイドボード 北欧・カラーボックス 激安

商品・サービスにマッチしたキーワードをこのように多数設定していきます。

例2)脱毛の為の美容外科を探しているユーザに向けて訴求

what:脱毛・医療用脱毛・レーザー脱毛

等のキーワードが考えられます。

そこに、下記のようなキーワードを掛け合わせていくことで、より求めているユーザ層に近づけていきます


  • where:脱毛 名古屋・脱毛 病院
  • who:メンズ脱毛
  • when:脱毛 初めて
  • why:脱毛 ひげ
  • how:脱毛 安い

単純に「脱毛」単一キーワードに比べてユーザ層が明確の為、より的確な提案を行うことが可能です。

キーワードをどのようにグループ分けするか

詳しくは広告文章の最適化のページでも触れますが、数千場合によっては万単位にもなる上記のようなキーワードを整理して効果的に配信する為に、アカウントの中にある「キャンペーン」という大カテゴリーと「グループ」という小カテゴリーによってグループ分けして一括管理する仕組みになっています。

そこで、グループ分けをする際にもある程度技術や知識が必要になります。

多数に及ぶキーワードをどのように整理するべきかという点においてケースバイケースですが、一般的に用いている手段を紹介します。

各グループ毎に広告文章を設定する仕組みになっておりますので、キーワードは

「同じ広告文章で配信するキーワードの集まり」

を1つのグループで分けます。

そうすることで、キーワードと広告文章が密接になり品質スコア・クリック率において好条件になる可能性が高くなります。

キーワード毎の価格設定について

キーワード毎の上限価格設定について

初期段階では、キーワードの価格設定はお見積りツールを使用しながら、市場価格に準じて設定致します。
また、下記のようなキーワードは設定初期から相対的に高い単価設定を行います。



運用中の上限価格変更について

運用中、アカウントの状況に応じた上限価格の変更が重要になります。
※ここではキーワード運用のみについて触れています。掲載順位向上の為の品質改善については広告文章のページで説明致します。



キーワードの追加

配信開始後も適時キーワードの追加を行っております。



随時必要キーワードを追加(効果を下げるキーワードの削除)を行い、広告効果の向上を目指します。