広告文章の設定

従来の広告クリエイティブは

「いかにして多くの人の目を引くか」

が重要な要素となっていましたが、リスティング広告はその要素が必要なケースも多々ありますが、インパクトの前提に

ユーザのニーズとサービスがマッチしているか

が重要なファクターになります。
TV等従来型の広告との大きな違い


という特徴を意識した広告作成が重要になります。

その上で競合に勝つ魅力的な広告文章を目指します。

キーワードと広告のマッチング

検索エンジンの大きな特徴として、検索語句と同じテキストを太文字にして、クリックされやすくする、というものがあります。

ユーザはこの太文字に反応してクリックをする傾向にありますので、キーワードと広告文章(特にタイトル)を合わせることよう心がけます。


広告イメージ

キーワードと広告文章を合わせることで、キーワードと広告文章の関連性が高まり、クリック率も高くなり、品質スコアの向上とクリック数増加によりより効果的な広告配信が可能になります。


ユーザが反応する重要ワードをタイトル・説明文章に

商材によって様々ですが、ユーザが反応しやすく、ニーズにマッチしているワードをタイトルに入れることでクリック率の向上が期待できます。


適切なリンク先を設定

リスティング広告は広告毎に個別のページをランディングページ(リンク先)に設定することができます。
よりキーワード・広告文章にマッチしたページにリンクさせることでコンバージョン率(成約率)向上を目指します。


複数の広告を設定して効果検証

広告文章・リンク先を数パターン作成して、結果が良いものを選択していくことが重要になります。
クリック率やコンバージョン率(成約率)は実際のデータに基づいて検証していくことができるのがリスティング広告の強みでもあります。

1つの広告文章を定石通りに作って満足せず、マッチングを外さない範囲内で様々な広告を試していきます。